hgucggmarineHGUC MS-14F ゲルググM
2000年10月発売
「機動戦士ガンダム スターダストメモリー」よりMS-14F ゲルググM 

ヒジ、ヒザなどの各関節にポリキャップカバーを設計。
武器に90mmマシンガン、接近戦用シールド、ビームサーベルが付属
ゲルググM(マリーネ)
GELGOOG MARINE
型式番号MS-14F
頭頂高19.2m
本体重量45.1t
全備重量81.3t
出力1,440kW
推力20,500kg×2背部)
7,000kg×2(足部裏側)
(総推力)55,000kg
装甲材質チタン・セラミック複合材
(超硬スチール合金)
M=マリーネ(ドイツ語)の名の通り、海兵隊仕様のゲルググ。小説版『0083』によれば星の屑作戦開始時点のシーマ艦隊において少なくとも30機以上が稼動状態にあったという。肩アーマーがスリムで頭部のトサカ部分が薄く大きいのが特徴。

劇中ではこれを装備するシーマ艦隊が隠遁する中で補給もなくビームライフルの多くを失っているらしく、他の機体と共通の90mmマシンガンを携行する。

一方で、腕への着脱が可能なスパイクシールド、下腕部に内蔵された110mm速射砲という独自の武装も装備している。110mm速射砲は連邦新鋭機であるジム・カスタムのシールドを粉砕し、装甲を貫通する威力があった。

防御面は他のジオン軍MSと同等であり、劇中、ジム・カスタムのジム・ライフル(90mmマシンガン)でたやすく撃破されている。

(wikiより抜粋)